μMicro-BLT(缶体用ライトテスタ)
New Generation High Performance Body Light Tester

● 優れた信頼性と経済性

  • #

    運転中のμ-BLT

  • #

    トップLED光源ユニット
    (開放時)

検出精度UP

超高感度フォトマルセンサにより0.001"(0.025mm)サイズのピンホールと微細なフランジ割れを確実に検出。

最高運転速度3400 CPMにおいて安定した検出性能。


生産性と経済性UP

新機能・自動感度調整機能ASR (Automatic Sensitivity Regulator) により、強い光漏洩でセンサが飽和しても自動的に感度調整して検出精度を維持、無駄バネを極小化。

低摩擦係数&低摩耗率のプッシャーパッドにより、あらゆる速度領域で光漏洩することなく無駄バネZEROを実現、耐用年数は2年以上。


信頼性UP

オプション設定の自己診断機能Sensor Self-Diagnostics (SSD) がセンサ性能を常時監視。

視認性の高いグラフィックモニターが検出情報をリアルタイム表示。

特 長

0.025mm (0.001")0.025mm (0.001") ピンホールとフランジ割れを安定して検出、最高速度は3400CPMまで対応しています。

新開発の制御技術ASR (Automatic Sensitivity Regulator)と特殊材料を用いた低摩擦係数のプッシャーパッドの採用により、ターレット部の光漏えいをなくし、無駄バネ ・ゼロ(zero)を実現!


製缶業界においては高速化と薄肉化により、フランジ割れやピンホール発生のリスクが高まっています。長い間、半導体センサ方式が主流でしたが、より検出能力の高いライトテスタへのニーズに応えるため、光感度の高い「フォトマル」をセンサに採用して飛躍的に検出性能を高めたμ-BLT (Body Light Tester)を開発・発売いたしました。


新型μ-BLT (Body Light Tester) は 3400CPMの高速運転で0.025mm (0.001”) ピンホール、フランジのマイクロクラックを安定して検出します。 さらに、μ-BLT では徹底した無駄バネ防止対策を盛り込みました。 新機能 ASR (Automatic Sensitivity Regulator) により大きめのピンホールやNO缶時にセンサが飽和(不感体化)したことを検知、直ちに自動制御して検出感度を維持しますので、センサ感度回復までの間に無駄バネの発生を防ぎます。


また、センサユニットを回転ターレットに押し付けるパッドには、摩擦係数の低い特殊材料を採用、これを4本ピンで均一に押し付けることで、摩擦と振動を最小化し、ここからの光漏れによる無駄バネを解消しました。


Smart Vision μ-BLT (Body Light Tester)

μ-BLT はライトテスタ機械に容易に搭載でき、また開閉機構を備えており保守メンテの容易性を確保しました。最新の"(フォトマルセンサ技術PMT)"は高感度と高速応答性を有し、これまでにない高性能を提供します。各ユニットは、既設ライトテスタの取付けボルト位置と完全に一致しており、容易に代替が可能です。


フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

ダウンロードリンクの表示テキスト