X線CTソフトVX3D
X線CTソフトVX3D 2.0(標準パッケージ)X線CTソフトVX3D Lite 2.0(ビューワー機能限定版)

● 大容量ボリュームデータの可視化と解析のための
    ソフトウエア・プラットフォーム!

  • #
  • #

X線CTソフトVX3Dは、3DII社のCTデータの可視化と分析用のソフトウエアプラットフォームです。オートクロッピング、クリッピング、ズームキューブ機能等の直観的な自動可視化ソリューションを可能にします。


又、2D或は3Dデータ解析用に様々な測定ツールを提供し強力なレポート機能をユーザに提供します。


VX3Dは、特に実用的な産業用CTアプリケーション用に開発されたものです。


アドオンソフトVXPI(空隙率検出モジュール)を追加アドオンすることによって、産業目的の欠陥解析に有効活用できます。


機能一覧表はこちら

特徴

軽快な動作と直感的な操作性!

大容量ボリュームデータの2D、3D可視化!

GPU性能をフルに活用した高速ボリュームレンダリング処理!

高速処理だから実現できる、ストレスレスな操作とプレビュー機能!

システム要件

OS:Windows Vista (SP1) / Windows 7 以上の64bitOS

GPU:DirectX 10.1 / OpenGL 3.3サポートするGPU
例) NVIDIA Geforece 260以上、AMD/ATI HD 3000以上、Intel HD 4000 Series以上...

Memory:使用データの2倍以上の2倍以上

CPU:64bit対応CPU

仕様

①高品質ボリュームレンダリング

強力なハードウェアレンダリングにより、ストレスレスな操作を伴う表示。
面倒な操作の要らない、プリセット機能あり。

#

②フィルター機能

プレビューを見ながらフィルター調整が可能

#

③測定

距離、角度、円、ポリゴンエリア等3Dボリュームレンダリング側にも
表示可能。

#

④スカルプティング

簡単なマウス操作で、ポリゴンスカルプティング処理が可能。
256スタックの履歴機能

#

⑤メッシュ抽出・STL出力

ボリュームデータからメッシュデータを抽出。
またメッシュデータをSTLファイルに出力する事が可能。

#

⑥ズームキューブ

指定した特定領域を拡大表示。

#

⑦スーパーインポーズ

スーパーインポーズPlaneで、MPRのスライス箇所を表します。

#

⑧ヒストリー機能

Undo/Redo機能。スタックサイズ100,000。

仕様
仕様内容 スペック
搬送速度 標準600BPM(Max.900BPM)
ボトルタイプ ASP/CSD
ボトルサイズ 280ml, 300ml, 500ml, 1.5L, 2.0L
ボトル形状 丸/六角/四角
検査項目(口天面検査) 欠け, 黒色異物, 傷
検査項目(ボトム検査) ゲートズレ, 異物, 白化, 傷, 気泡
検査項目(胴部検査) 黒色異物, パール, 曇り, 気泡
検査項目(サポートリング検査) 欠け, クラック

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

ダウンロードリンクの表示テキスト