モジュラーネッカー
3400 Necker & Flanger

#
特 長

● 各ポケット毎に独立したヘッドアッセンブリーにより
    容易な段取り替えと優れたメンテナンス性。

● シンプルなピンハイト調整機構による作業性の向上。

● ドライブギヤは金属製(プロセスターレット用)と
    樹脂製(トランスファーターレット用)を交互に配置して
    潤滑油不要としています。

● 独立式リニアスライド・プッシャーラムによる
    正確な直角度と優れたメンテナンス性を実現。

● タッチパネルでのオペレーションで優れた操作性。

● 自動グリース供給システムを標準装備。

● CMB社では経験豊富な現地サービスエンジニアと
    技術者が多数在籍しています。

CMB社の“3400モジュラーネッカー”は、2機種から選択頂けます。
• スタンダード 12ポケットターレット仕様:3400CPM Max
• 低価格仕様 8ポケットターレット仕様:1800CPM Max


モジュラーネッカーだから多様なネック径に対応
~ 多様なオプションも用意 ~

CMB社の“3400 モジュラーネッカー”はネック径に合わせて、必要なステージ数のモジュールを組み合わせることが可能です。
オプションモジュールとして、
・ボトムリフォーマー(ボトム再成形)
・ライトテスター
・画像欠陥検査システム用モジュール(画像検査装置はお客様でご用意)を組み合わせることができます。


プロセス角度は240度 ~ プッシャーをロングストローク( 1.75インチ=44.5mm ) & 低加速度 (100 m/sec2以下)とすることにより高精度で缶に優しい成形を実現
CMB社の“3400モジュラーネッカー”は、トランスファーターレット位置をオフセットして加工角度を240度としました(他社は180度)。
加工時間が長くなるので、プッシャーのストロークを長くでき、また加速度を低速に抑えました。
このことにより金型内での縮径プロセスが長くなるので、成形性が向上して加工精度が上がるだけでなく、缶に優しい成形ができます。


デュアルターレット・インフィードによる ジャム・傷・打痕無しの超高速インフィード!
CMB社の“3400モジュラーネッカー”は、デュアルターレット式のインフィードシステムを採用しました。
2段階(2 step)で缶の間隔を広げるこの方式により、従来、高速化の課題であった、ジャムや傷、打痕無しでの安定した超高速インフィード(3400CPM)を可能にしました。


セグメントドライブ方式 ~ マシンの負荷を低減してスムーズな加減速を実現
CMB社の“3400モジュラーネッカー”は、5つのモジュール単位でドライブ装置が装備されます。
次工程のドライブを僅かに高速で回転させて、(ドライブギヤ)バックラッシュのない、安定した加減速を可能とし、また、同時にマシンへの負荷が低く抑えられて機械寿命を延ばします。


フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

ダウンロードリンクの表示テキスト